既存の暗号通貨デビットと何が違うの?

いろいろと革新的な違いはあるのものの、利用者が特に違いを感じる部分として、使い勝手、手数料、インセンティブについてご説明します。

  • カードへのチャージを必要としない

 TenXは「ウォレットへの送金のみ」。手間が通常のデビットカードと同様です。
これまでの暗号通貨カードは、「1.ウォレットへ送金、2.フィアットへ両替、3.カードチャージ」と使えるまで3手順を必要としました。

参考:TenXカードの使い勝手イメージ。従前のカードと比較

  • フィアット両替は決済の瞬間のみ

 TenXは決済の瞬間に、購入した金額分のみ、暗号通貨からフィアットに両替されます。不用なフィアット両替は発生しません。

参考:TenXカードの使い勝手イメージ。従前のカードと比較

  • ATM現金出金以外は手数料ゼロ

 TenXで発生する手数料は、ATM現金出金を利用した時の$3/1回のみ。ウォレットへのチャージや出金、外国為替手数料、暗号通貨からの両替レート、これらのすべてに手数料は含まれていません。

参考:手数料について

  • 利用料に応じてトークンが貰える。
    また、トークンを所持しているとEthereumが貰える。

 カード利用額の0.1%をPAYトークンで受け取れます。
また、PAYを所持していると、TenXカード決済額総額(全員の利用分)の0.5%を、PAY所持量に応じてEthereumで受け取ることができます。

参考:
ポイント付与はありますか?
Ethereumの配布について詳しくしりたい

スポンサーリンク