暗号通貨を現金化する方法の比較

クマリが街をお神輿で回る、ネパールの年一度のお祭り、インドラジャトラにて、クマリのおっかけをやっているVisionsです。ナマステ

クマリの家の隣に宿を取り、通貨の値動きそっちのけで、クマリが出てくるのを見張っていたら、Bitcoin、Altの下げを丸ごと喰らいましたw

さて。
暗号通貨生活の上で重要な少額の現金化。

ほぼデビット払いが可能な国でしたら、TenXカード一択ですが、海外放浪をしている私は、現金が必要なケースが多々あります。
屋台・個人商店での買い物、交通機関の利用、安ホテル、洗濯屋、観光地への入場料・・・等々。
日本在住でも少額の現金は必要でしょう。

ということで、少額の現金化の方法と比較を行ってみたいと思います。

なお多額の支払いについては、TenXカードでの支払いが一択です。
多額の商品を取り扱っててカード払いできないところは世界中でも少ないですから。
但し、条件によっては日本の取引所・銀行を経由した場合が良い場合もありますので、後述します。

それでは比較表と結論から。

比較表

条件
  • 29000円相当を現金化した場合
    (日本の取引所の銀行出金は30000円を境に手数料が上がる事が多いため)
  • 取引所から銀行への出金は、手数料の安い銀行口座を利用
  • 1US$は110円で計算
  • 銀行からのクレカキャッシングはセディナカードを利用
    (ATM手数料タダ、即返済で金利数十円)
比較と評価
方法手数料合計現金入手までの期間リスク
TenXカードを使ってATMで現金化
500円前後

数分~数十分

リスクほぼなし
取引所から銀行出金後、キャッシュカードで出金
約200円+0~108円

数時間~数日

価格変動リスクあり
取引所から銀行出金後、クレカでATMキャッシング
約200円+数十円

数時間~数日

価格変動リスクあり
ビットコインATMで出金×
約3,000円
×
数分
但しATM設置台数が少ない

リスクほぼなし
個人売買×
個人取引リスク有り

比較結果

ケースによって異なります。

  • すぐに現金が欲しい場合 → TenXカードによる現金引き出し

本当に即現金が必要な場合以外には、上げ相場の場合などです。
TenXの場合は、ATMでの現金出金の時点のレートが適用されますので、上がったところを狙って出金すれば良いのです。

  • 1日待てる → 取引所の銀行出金を利用

待てる場合はこちらのほうが、僅かに手数料はお得です。
但し、上げ相場の場合は選択してはいけません
取引所の銀行出金は、両替後、銀行への入金まで1銀行営業日かかります。(午前中早い時間までの依頼なら、当日中の場合もある)

僅か100円程度の手数料を節約するために1日待っている間に、通貨の上がりを逃してしまいます。価格が0.33%(1BTC50万円の今でしたら僅か1650円です)変動すると、30000円の引き出しで100円分変動ということになります。

現金化とはつまり暗号通貨を売る、ということですから、なるべく高値で売りたいですよね。

現金化まで待てる、且つ、翌日までの天井予測に自信があるなら、取引所でタイミングを狙って両替し、銀行へ出金。

現金化まで待てない、又は翌日までの値動きがわからないのなら、TenX Walletに通貨を移動するだけしておいて、タイミングを狙って出金。

タイミングを狙っての現金化とは、値動きの激しい暗号通貨ならではw
なかなか楽しいですね。

日本のBTC価格が安定して高い場合

2017年8月現在、Bitcoinの各国の価格を比較すると日本の価格が高い場合があります

例えば、1BTC50万円現在において、日本のBitFlyerやCoincheckの価格がBitFinexやBittrexと比べて約1.2万円ほど高い場合がみられ、この価格差は数日安定する場合があります

この場合は、待てるなら日本の取引所経由で銀行出金したほうが良いです。

TenXが適用するレートは複数の取引所からレートの良いところを選択するものの、日本取引所のみの高価格には及ばない場合がよくあります。

当記事を書いている9/8 ネパール時間15:30時点では、Bitflyerは504,000円、TenX Walletの参考日本円価格は498,679円。約5,500円の差があります。29,000円分の出金でしたら約400円の差です。

結論

  • 出金を待てるなら、取引所の銀行出金が手数料は若干お得
  • 即現金欲しいならTenXで出金
  • TenXレートより、日本の取引所価格が高い場合がある
    (逆もあるが、日本が高いケースが多い)
  • 「レートの比較」「現金化を1日待てるか」「相場(今日より明日は上がっていないか)」から方法を使い分ける。

状況に応じて方法を使い分けることが重要です。
そのためには様々な方法を選択できるよう、最低でも「TenXカードの作成」「取引所にとって手数料の安い銀行の口座開設」「ATM手数料をゼロにできるセディナカードの作成」をしておくとよいでしょう。

The following two tabs change content below.
Visions

Visions

暗号通貨取引しながら世界釣り放浪中。定住、定職を持たず自由を生きる。金は勿論、国家・環境にも依存せず家族を守れる最強フリーダムを目指す。 BTC:3Pajtbnvu8aauGtgLCCkQkCMNp5qg4v2pt ETH:0x184703211ec8A77146182Fa553270735De55E22C ByteBall:TFMQFQ3QUXSRRPOIJWC4GHSZWJSAYEMO
スポンサーリンク