TenXは安定した収益構造。TenXの構造から考える今後の報酬型デビットの見極め方について

ベトナムはハノイ移りましたが、毎日雨でうんざり。
でもきっと雨でも晴れでもやることは変わりません。
ビアホイ飲むだけ。
ビールと納豆で24歳の時に痛風を発症したVisionsです。こんにちわ。

さて、今回は日本語スラックメンバーのkawaseさんが、TenXの手数料収益イメージを和訳してくださいましたので、収益構造について、また、今後、山ほど出てくるであろう暗号通貨デビットを見極める一つの基準についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

TenXの収益&報酬の構造は安定している

まずこちらの図をご覧ください。

大変わかりやすいですね。

初の報酬のある暗号デビットTenXは、その報酬を全てカード手数料から賄っています。一般的な株主配当のように会社が儲けられたら分配、ではなくて、使ったら即分配されるイメージです。(配布の仕組みは、2017年8月現在はまだリアルタイム配布ではありません)

会社が傾こうが、儲かろうが、カード決済さえすれば報酬、という形になっていますし、この1.4%の手数料収入+イニシャルトークンセールで集めた資金で運用する事業計画としているということです。

また、この店舗側が負担する3%という手数料は、デビットカードとしては一般的な手数料額となっていますので、無理のない仕組みと言えると思います。

クレジットカードの手数料は、業態や各店舗によって異なりますが、3~7%、中には10%に上るところもあります(クレカ会社から見た、お店側の信用によって変わるわけですね)。デビットカードは、2~3%ほど。

クレカのポイント還元がやたらと高いのは、手数料収入が高い、ローンなど別の収入源がある、他の事業と連結(楽天やデパートなどそうですね)、恐怖のリボ払いwもありますし、還元ポイント分を手数料以外からも補っているわけです。

今後出てくる暗号デビットの見極め

 今後は、暗号通貨を使えるだけのカードはシェアを失い、TenXのように手数料が無料であったり、報酬がついている等のデビットカードが増えてくると思います。

また、TenXが非常に注目されたこともあり、TenXとほぼ同じ条件で、報酬が2.5%や3%近いなどのカードも出てくるでしょう(名前は書きませんが、既に計画?はあります。実現するのか知らないですけど)。また、悲しいことですが、トークン売り逃げのscamもたくさん出てくることでしょう。

今後そういったものを見極めていくためにはどうしたらよいか。

報酬型であれば、その報酬額がカードの手数料収入と比べてバランスがとれているか、という点があげられると思います。

前述のとおり、暗号デビットの会社は、金貸しもしませんし、他の事業との連結もありませんから、(カードが存続する限り)永続的な収入は手数料のみということになります。手数料収入でバランスが取れていないということは、何か別の資金を報酬に充てるしかない、ということです。
例えば、初期投資を充てたりや、トークンを売り出して値上がりを期待するなど。しかし、初期投資はいつか尽きますし、値上がりし続けるものなどこの世にありません。つまり、手数料収入でバランスが取れていないカードは近いウチに破綻する可能性が考えられます。

具体的なバランスをどう見るべきかについては、
一般的なクレカやデビットの手数料が2~7%。そして先駆者のTenXが3%であることを考えると、これ以上高い手数料は、店舗側のメリットになりませんので、普及が難しいと考えられます。
つまり、店舗側手数料は2~4%程度が妥当であると考えられます。
報酬率がこの額のうち多く占めるようなカードは怪しさ満点、ということになります。

今後は・・?

よくわからないけど、楽しみ!ということです。

今後どういったカードが出てくるかわかりません。
もしかすると、強力なECサイトと手を組んでくるところもあるかもしれません。そうすると、店舗手数料を上げずに報酬を増やすことだってできるかもしれません。

強力なアフィリエイト報酬を設定してくるところもあるはず。(でも逆に考えると、その報酬ってどっかの手数料にはねるか、運営バランスを欠くかですよね)

そういったところにTenXが負けちゃうことも考えられます。

TenXもまだ始まったばかりですよ~
ちと難しくなるので今回は省きますが、ただ暗号通貨を使えるだけで終わらない具体的な計画があり、鋭意開発中であります。
(ご興味のある方は、是非WhitePaperをご参照ください。日本語スラックに来て頂ければ、日本語版もありますよ!)

始まったばかりでまだまだ読めない、これが楽しいところですね。

でも、今時点は、この計画ばかりの暗号通貨界隈で、TenXは実稼働している。
そして、バランスが取れた仕組み、暗号通貨を現実世界をつなげる唯一の架け橋。
TenXに期待しているところであります。

私がTenXが良い、と思っている理由は他にもあるので、このテーマはもう少し書いてみたいと思います。

それでは。

The following two tabs change content below.
Visions

Visions

暗号通貨取引しながら世界釣り放浪中。定住、定職を持たず自由を生きる。金は勿論、国家・環境にも依存せず家族を守れる最強フリーダムを目指す。 BTC:3Pajtbnvu8aauGtgLCCkQkCMNp5qg4v2pt ETH:0x184703211ec8A77146182Fa553270735De55E22C ByteBall:TFMQFQ3QUXSRRPOIJWC4GHSZWJSAYEMO
スポンサーリンク

コメント

  1. スー より:

    いつもありがとうございます。
    WEBシステムとIOS版を待望しています。
    進捗どうなんでしょうか。

    • Visions Visions より:

      webapp版は8/14からクローズドベータテスト。
      iOS版は数日前の公式動画で、今月中にはリリースを頑張りたい、との発言がありました。
      タイムリーなので、状況変わるかもしれませんけど、私が二日前に確認した時はこういう状況です。

      Androidをお持ちでしたら、それで注文かけるのもありですよ。端末は固定ではないので大丈夫です

      • Visions Visions より:

        2017/8/8本日のFacebook liveでは、「iOSは社内向けリリース14日、クローズドβが21日、ロールアウトが28日。WebAppはiOSの1週間前を走っているそうです。」
        とのことです。

        • スー より:

          教えて下さい。(問合わせ先が違っていたらすみません。)
          Win7でAndroidエミュレータを使い、TenXアプリを導入。
          住所登録やウォレットへの$15送金まで終了したのですが、TenXアプリのトランザクション履歴では「Recevived Pending」と表示されたままで、1時間経過してもトップ画面
          は$0.00表示のままです。よって、カード注文は出来ない状態です。
          何が悪いのか調べる方法などご教示頂けますと助かります。

          • Visions Visions より:

            BTCの送金に時間がかかっているのかもしれません。
            blockinfo等で確認するとconfirmはいくつまで進んでいますか?

  2. スー より:

    早々のご回答、ありがとうございます。
    すごく古いAndroidスマホがありますが、恐らくバージョン古すぎて無理と思います。
    Windows用のAndroidエミュレータ使って注文かけておいて、あとからIOS版で使うことが可能かどうかですね。

  3. スー より:

    お騒がせしましたが、、、
    Win7のAndroidエミュレータでTenXアプリをインストし、無事にカード注文できました。TenXウォレットへの着金が1時間以上かかった様です。
    カードが届くころにはIOS版もリリースではと思いますので、アクティベートはiPhoneでと考えています。
    Androidエミュレータでアクティベートした後に、iPhoneアプリに切替え可能なら、なおうれしいですが。。。

    • Visions Visions より:

      よかったです。
      >Androidエミュレータでアクティベートした後に、iPhoneアプリに切替え可能なら、なおうれしいですが。。。
      試してませんが恐らく大丈夫です。
      端末に紐づけられるわけではなくアカウントに紐づけられます。

      アプリ内のFAQに、「スマホをなくした場合は、他の端末からログインして、カードをロックして」というものがあったので、可能だと思われます。